Category: 運用方法

投資信託での資産運用

貯金通帳
 

最近広告で目にする機会が増えた『投資信託』という文字。
株式や債券に精通した専門家に任せておけば比較的、容易に資産運用ができてしまうのが人気の要因につながっています。
利益が出れば、出資者である投資家に還元されるため、初心者でもお金を増やす事ができます。
注意が必要なのは “利益が出れば”という点です。
任せる前にリスクにつながるデメリットな要素もしっかりと理解しておく必要があるでしょう

 

☆投資信託のメリットとは

株や不動産、外貨でも何かに投資をして利益を得る資産運用は、いつでも右肩上がりの成績を約束してくれるわけではありません。
初心者であれば尚更のこと、思うように利益が増えない事もあるでしょう。
その点、投資信託のメリットとしても挙げられますが、資産運用の専門家があなたに変わって投資先を選定し投資してくれます。
いざ投資を始めてみようと思い立っても、何から手をつけたら良いのか迷ってしまう、やる気はあるけれど一歩前に進めないというのであれば、投資信託は大変オススメです。

投資先は国内にとどまらず海外市場までもの幅広い範囲で、分散投資をしながらリスク回避をし、より良いフィードバッグが来るように、プロがあなたに代わって全力を尽くしてくれます。

また株式投資や不動産のようにまとまった資金も必要ありません。1万円からなど手軽に始めることが可能です。

 

☆インデックスファンドとアクティブファンドの違い

投資信託の運用スタイルはインデックスファンドとアクティブファンドと呼ばれる2種類にわかれています。

インデックスファンドとは市場の動きから逸脱することのない指標ファンドです。
日経平均株価など市場平均とほぼ同じような動きを目指すファンドのためリスクも低く安心です。
インデックスファンドの多くは様々な投資先を商品化しており、購入手数料も無料のため積立投資にはオススメと言えます。
もう一つの運用スタイルであるアクティブファンドは企業の指標と株価を比べお得感のある銘柄に投資する『バリューファンド』や、先行きの成長が見込めるものに投資する『グロースファンド』など市場平均よりリスクは高めのファンドです。
購入手数料もインデックスファンドに比べ割高な傾向にあり市場の動きと連動しないためハイリターンではありますが、ハイリスクなのが特徴と言えるでしょう。

 

☆投資信託のデメリットとは

銀行の定期預金であれば、預けていたお金が無くなってしまうという事はありえませんが、投資信託では運用資金が元本割れのため減ってしまう可能性があります。
安全性を最優先するなら、日々必要となる生活費や老後の準備金などを投資信託へ充当するのは避けたほうがよいでしょう。
また投資の専門家に運用を委託するため、資産運用を管理する信託報酬という信託手数料を支払う必要があります。
運用を任せている期間は、たとえ元本割れが生じても運用成績に関わる事なく手数料を支払い続けなければいけません。
またこれ以外にも投資信託を購入する時に必要な売買手数料も別途発生するため、事前にこのような出費についてもしっかりと確認しておく必要があるでしょう。

外貨預金での資産運用

1ドル札 アップ
 

日本の円預金では利息が低く資産運用として確かな手応えを感じないというのであれば、海外に視野を向けた外貨預金をしてみませんか?
日本で預金しているより金利が高く、為替差益からも利益が得られる外貨預金は 少額からでも始める事が出来る手軽な資産運用方法の一つです。

 

☆外貨預金のメリットとは

株価の低迷や少子高齢化でこれから先の日本に不安を感じている人も多いですよね。
そのような状況の中、利回りが良く気軽に始められるのが外貨預金です。

そのメリットはズバリ、日本円で預けているよりも金利が高い事が挙げられます。
日本の場合普通預金に1年預けていても0.02%〜0.1%未満、定期預金でさえ0.1〜0.5%未満と超低金利の状況が続いています。
これでは資産運用として預けていてもほとんど利息がつきません。
しかし外貨預金の場合、それぞれの国によって差があるものの、景気が好調と言われる外貨であれば、普通預金で1%前後、定期預金であれば2.5%までの金利がつく事もあります。
日本の口座で寝かせているより先行きは明るく、利息だけでも十分お得感が味わえます。

 

☆外貨預金を通して、あなたの視野が広がります

国内より金利が高い外貨預金ですが始める前にいくつか覚えておきたい注意点があります。
まず外貨預金のため、日本円で外貨を購入します。その際、外貨預金に加え為替手数料を上乗せした金額を仲介銀行に支払わなくてはいけません。
例えば、アメリカの1ドルが100円と想定しましょう。
この米ドルの1ドルを購入する際は、外貨預金為替手数料15銭を足した100円15銭を支払わなくてはいけないのです。

外貨資金を購入した後は、基本的な流れは円預金と全く同じ。
世界の情勢を見ながら、金利の高い国や為替差益がある国をターゲットに選んで預けてみましょう。
よく知られる米ドル、オーストラリア、ヨーロッパだけでなく、今ではブラジルやトルコなど地理的に日本の反対に位置する遠い国の預金も、手軽に外貨預金として購入可能です。
国際経済の動きを検討しながら、金利で利息を増やしつつ、円安の状態になるまでじっくりと待ってみるなど、預金を通してワールドワイドな視野の広がりを感じ取れるでしょう。

 

☆外貨預金のデメリットは

日本経済の先行きに不安を感じるため海外に目を向けて見たけれど、外貨預金にも一般の資産運用と同様にリスクを伴います。
デメリットとして筆頭に覚えておきたいのは銀行が破綻した場合、外貨預金はペイオフ対象外である事。
海外の場合、預金者が保護されていないので、最悪の場合は預けていたお金の払い戻しがないという状態に陥ってしまうケースもあります。
また他にも為替手数料が高い事や、定期預金など解約時には解約手数料がかかるなどもデメリットな要素として覚えておいたほうが良いでしょう。

株での資産運用

Business leader looking at camera in working environment
 

当面使う予定のないお金が100万円あったとしたら、どのようにそのお金を資産として運用しますか?
とりあえず銀行の普通預金というのも一つのやり方ですね。しかしその方法では1年後に税金を納めて懐に戻ってくるお金はわずか200円弱。
1日あたりに換算しても1円にも満たない利息しか付かないのです。

 

☆株への投資はギャンブル?

前述のように安心だからという理由だけでローリスクな資産運用方法を選んでいては、資産の元手となる資金を上手に活かしているとは言えません。
それではハイリターンが魅力の株式投資はどうでしょうか?

株とは、一言で言うなら、会社の資金を株という形で購入し企業に対して資金援助することです。
小規模であっても実質的に会社へ貢献している立場となります。

業績が飛躍的に伸びている会社であれば、その会社の株の保有者は、住宅資金の確保ができるほど大きな資産を手に入れる事さえ可能です。
元本割れすることがないので安心ではあるけれど利息の低い銀行の口座に預けているより大幅に資産を増やす事ができます。

株での資産運用について一般的に、ハイリターンで大きく儲けることができる一方、素人が手を出すほど簡単なものではない、ギャンブルと同じだから人生を破滅に導くなどという意見をよく耳にします。
その為、ネガティブな印象を持っている人が多いのが実情といえるでしょう。

 

☆株式投資のメリットとは

株式投資はそんなに人生を狂わせるほど難しいものなのでしょうか?
ネガティブな意見に振り回される前に、キチンと株のメリット、デメリットについて把握しておきましょう。

まずメリットとして挙げられるのは“株は購入することで投資ができ、利益を得る事ができる”ということです。
この利益を得るという事柄には2種類あります。一つはキャピタルゲインと言われるもの。
簡単に説明すると株の購入時の価格より売却時の価格の方が高い時の差額による利益です。
例えば株価10万円で購入した株を20万円で売却した時の差額の10万円がキャピタルゲインとなります。
株で利益を得るもう一つのインカムゲインとは、企業が一定の期間に出した利益を株主に還元するものです。
一般的に株主優待や配当金と呼ばれ、株の所有者がその還元利益を受け取れます。
各企業の業績によりそれぞれ異なりますが、例えば、1株あたり10円の配当金が付く場合で10,000株保有していると、10円x 10,000株で10万円の配当金を受け取る事ができる仕組みです。

 

☆株を始める前に、覚えておきたいデメリットとは

株での資産運用でデメリットといえば、株の保有者が株価下落による影響を受けてしまう事でしょう。
株の購入価格より売却価格の方が高いキャピタルゲインとは逆に、購入価格が売却価格より高いマイナスの状態で差額を手にした状態です。

企業の業績不振や、円高円安の影響など日本国内だけに限らずワールドワイドな時勢が株価下落の要因として挙げられます。
またテロ事件や天災など予測不可能な突発的な事件からも株は影響を受けやすく、変動の見通しが難しいところです。

投資家からの売り手が多く、人気が低くなった企業は、景気が良い時のように会社の利益を還元する株主優待や配当金を減らします。
時には企業不振の会社が社員にボーナスを払わないように、全くそれらの優待を株主は受けられない事もあります。

不動産での資産運用

住宅街のアパート
 

親元を離れ社会人として自立し始めたばかりの頃は資産運用と聞くと、まだまだ遠い先の話という気がするかもしれません。
手広く運用できるほどの資産もそれほどないし…と考えてしまいがちですよね。
しかし若年層でもキチンとその仕組みや内容を把握すれば、限られたお金を使ってしっかり資産運用を始める事ができます。

 

☆ゆとりライフも夢じゃない!不動産投資のメリットとは

不動産での資産運用のメリットといえば家賃収入を得られる事が筆頭に挙げられるでしょう。
アパートやマンション、または住まなくなった持ち家を他人に貸し出す事で、長期的に安定した利益を得られます。
政府がいろいろな策を練っても少子化に歯止めがかからない高齢化が進む日本。
このままでは近い将来年金の支給がキチンともらえるのか、不安を感じてしまいますよね。
実際に長年勤めあげた企業年金や公的年金だけではゆとりの老後生活は難しいという世論調査の結果も出ています。

不動産投資であれば、株式投資ほどのリスクも少なく、資産運用の初心者でも安全性が高いのが特徴です。
例えばアパート経営を考えた場合、団体信用生命保険など住宅ローンを組む事で、万が一借主が他界した場合はローンの支払いを免除してくれるなど、残された大切な家族への負担もありません。

入居者が決まれば、長期に渡り安定した家賃収入を得る事ができるので、ゆとりライフを実現する事も夢では無くなるのです。

 

☆不動産投資にはデメリットもあります

不動産投資を始める前には魅力的なメリットだけではなく、デメリットもキチンと把握しておく必要があるでしょう。
毎月家賃収入が入ってくるという事は、貸し出した部屋に居住者がいるという事が前提になります。
しかしもし部屋を借りる人がいない場合、空室リスクは大きなデメリットとして投資者を悩ませてしまうでしょう。
最近ではおしゃれなブランドやデザイナーとコラボレーションしたインテリアや間取りなど入居者がライフスタイルに合わせて居住空間を選ぶ時代です。
また部屋の広さやレイアウトだけに限らず立地条件や周りの環境も空室リスクの原因につながります。
投資する物件を検討する際は、入居者の立場になって物件選びをする事も資産運用をプラスに導く重要なポイントと言えるでしょう。

 

☆大家さんが節税できる理由とは

不動産投資が上手くいけば家賃収入が得られ、ゆとりの老後を実現可能にしてくれるだけではありません。
投資を始める前にしっかり税金について勉強しておけば、住民税や所得税など節税を期待する事も可能です。
建物は他の投資である株やFXと違い時間や使用頻度によって価値が減少します。
この時間や使用により元の状態を保てなくなった費用は減価償却という資産に生まれ変わります。
不動産所得でこの原理を上手く利用すれば節税につながるでしょう。
具体的に説明すると、家賃収入から固定資産税や部屋の修繕費などの必要経費を差し引いた場合、その差額である不動産所得が全体の家賃収入を上回っていれば、確定申告をする事で、所得税の還付を受ける事が可能です。
また住民税はこの所得税を元に計算しているので、住民税も所得税と同じく節税可能となります。

保険での資産運用

指導員3
 

保険といえば、いざという時に備える生命保険や車両保険などが真っ先に思い浮かびますが、資産運用として活用できるのをご存知ですか?
低金利の銀行の口座にお金を寝かして置くよりも、うまく利用すれば、資産を飛躍的に増やせるのです。

 

☆終身保険は生涯続く手厚い保障だけがセールスポイントではありません

資産運用ができる保険に終身保険があります。
株式投資ほど短期間でハイリターンはありませんが、掛け捨ての死亡保障がつく定期保険と違って、毎月コツコツと保険料を支払えば、この終身保険、実はとても資産運用に向いている貯蓄性のある保険なのです。
一般的な認識では万が一の時に心強い保障を約束してくれるのが、生涯保障の終身保険という意味合いが強いですよね。
確かにその通りで、途中で解約さえしなければその手厚い保障は一生涯続きます。
またいつかは死亡保険金という形であなただけでなく、残された大切な家族も守ってくれます。

それではどのようにすれば資産運用として役立つのでしょうか?
わかりやすく例をあげて説明してみましょう。

 

☆保険の資産運用メリット、デメリットについて

ゆとりの老後のための資金が欲しい!葬儀関連の費用を前もって準備しておこう!など資金を貯める目的があるなら低解約返戻金型終身保険を選びましょう。
現役でバリバリ働いているなら、万が一に備え死亡保障としても使えますし、払い込み終了後に解約をして老後の生活資金としてもまとまったお金を手に入れる事ができます。

例えば30歳の男性が死亡保障金1000万円を付け、保険料の払込を60歳までとし、月々の保険料を17,000円支払うと仮定した場合。
60歳まで支払をしていくと総額約610万円支払うことになります。

これを払い込み期間後に解約すると、今まで支払った保険料には返戻率が加算され、60歳までの満期保険金+祝い金という計算により、保険会社からもらえる金額は約730万円!
その差額は120万円にも及びます。
このように終身保険は預貯金の金利と比べても飛躍的にお金を貯めることができる保険と言えるでしょう。
この保険のデメリットは途中解約すると、今まで収めた金額よりも解約返戻金が少なくなってしまう事や、銀行口座のように簡単に引き出す事ができない点などが挙げられます。

 

☆ゆとりの老後に備える保険『確定年金』とは

終身保険以外に、資産運用として活用できる保険に個人年金保険があります。
高齢少子化に伴い公的な年金だけでは不安を感じる人が増えている中、個人年金の保険料を毎月積み立てる事により、将来年金がもらえるという高齢者にとっては魅力的な保険商品です。
個人年金保険のなかでも掛け捨てではなく、元本割れしないのが終身年金、有期年金、確定年金と3つある中の『確定年金』。
5年、10年、15年と保険会社が定めた期間に年金が受け取れます。
たとえ高齢で本人が他界してしまった場合でも残された家族にその金額が給付されます。
また個人年金保険料税制適格特約という非課税の節税効果もあります。
こちらの個人年金保険も終身保険同様デメリットとしてあげられるのが、解約すると解約返戻金がそれまで支払った金額を下回って返金される事です。
コツコツと毎月保険料を支払っていても途中で解約してしまえば、保険会社の経費や手数料が引かれ、最終的には元本割れしてしまいます。